大阪には観光名所がいっぱい!定番の観光スポットはもちろんですが、最近できたばかりの観光スポットも多数あり、どこから手を付けていいか迷ってしまう方も多いかも知れません。

そこで今回は、大阪の観光名所をピックアップしてご紹介。定番スポットを中心に「大阪に来たらここ!」という場所をご紹介させていただきます。

 

道頓堀

 

 

まずは大阪観光の定番スポットからご紹介させていただきます。道頓堀は、大阪市中央区にある繁華街の名前です。阪神が優勝した際に飛び込みが行われていた(※現在は市からも警告が出ている)道頓堀川はこの繁華街の北側を流れている川です。

その昔南側には芝居小屋が、北側には芝居を見に来た人々のための飲食店が集まっていたエリアでもあるためか、現在も南側に娯楽施設が、北側に飲食店が多く集まるエリアとなっています。

 

“グリコ”看板はここ!大阪と言えば、な看板があるエリア

 

インターネットの画像やテレビでよく見る大きな“グリコ”の看板。その看板があるのがこの道頓堀です。ぜひ戎橋(えびすばし)の上でグリコの看板と一緒に撮影を。一気に「大阪に来たー!」という雰囲気になりますね。

また、大きなカニの看板で有名な“かに道楽”もこのエリアの店舗。昼に写真を撮るのもいいですが、夜になると照明に照らされ昼より少し迫力のあるカニを撮影できます。

さらに、あのくいだおれ人形こと“くいだおれ太郎”もこのエリアにある観光スポット。くいだおれ太郎の限定グッズの販売も行っているので、大阪観光の記念に購入してみてはいかがでしょうか。

“大阪と言えば”でイメージする看板が集まっているエリアである道頓堀。大阪にきたらぜひ訪れていただきたい観光名所となっています。

 

梅田スカイビル

 

 

次にご紹介するのは、大阪を見渡すのにおすすめのスポットです。

梅田スカイビルは1993年に完成した超高層ビル。地上40階・地下2階高さ173mの建物で、建物内には外国領事館があることから1階の広場ではその国々に文化やグルメにふれられるイベントを開催していることもあります。

 

世界にひとつのハート型の鍵。夜景と一緒に思い出を残そう

 

梅田スカイビルで特徴的なのは、その建物の形ではないでしょうか。両端に西棟と東棟、その2つの棟を連結させるようにおかれた円型の場所が“空中庭園展望台”です。

この展望台からは梅田を中心に大阪を一望することができ、“日本の夕陽百選”に選ばれたこともあります。そして、この展望台の屋上の一角には誓いのフェンスと呼ばれるカップルにおすすめのスポットが。

5色のワイヤーに張り巡らされたフェンスがあり、名前や記念日を刻んだ鍵を取り付けることができます。ちなみに、ここで取り付ける鍵は世界で一つのハート型の鍵となっており、購入すると希望した名前や日付を刻印してもらうシステムとなっています。

なお鍵ですが、フェンスにつけても記念に持ち帰ってもOKです。

 

基本情報

・住所:大阪府大阪市北区大淀中1-1-88

・開園時間:9:30~22:30

・入場料:大人1,000円    中高生700円 小学生500円 幼児200円 シニア800円

 

アクセス

電車

・JR大阪駅 徒歩9分

・地下鉄・阪急梅田駅 徒歩9分

・阪神梅田駅 徒歩13分

 

なんばグランド花月

 

 

次にご紹介するスポットは「大阪と言えばお笑い!」という方へおすすめの場所です。2012年にリニューアルオープンした“なんばグランド花月”。向かい側には“大阪府立上方演芸資料館”があり、落語や漫談などの上方演芸の歴史や資料が保管されています。

また、難波に拠点を置くAKBの姉妹グループ“NMB48”の劇場も徒歩圏内のため、芸能目的で大阪に観光に来た方はこのエリアがおすすめです。

 

毎日公演中!お弁当を食べながらの観劇もOK!

 

このスポットのおすすめポイントは、やはり毎日お笑い芸人のステージが観劇できる点です。昼は漫才・落語・新喜劇を中心に行い、夜公演は日替わりのテーマに沿ってステージが行われます。

当日券が出ることもありますが、人気の公演は満員になってしまう可能性があるので、お目当ての公演がある場合はインターネットや電話でのチケット購入を先に済ませておくと安心です。

また、この劇場はお弁当を食べながらの観劇もOKで、弁当付チケットも販売されています。お腹いっぱい食べてめいっぱい笑いを楽しみましょう!

ただし、食べている途中に思わず噴かないようにご注意を。

それ以外にもチケットを持っていると建物内でお得なサービスを受けられることもあるので、お昼からでも夜からでも楽しめるスポットとなっています。

 

基本情報

住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11番6号

 

アクセス

電車

・地下鉄御堂筋線、南海「難波駅」より徒歩3分

 

大阪天満宮

 

 

最後にご紹介するスポットは、学問のご利益があるスポットです。

府民からは「天満(てんま)の天神さん」の愛称で親しまれている“大阪天満宮”。学問の神様として知られる菅原道真が祀られており、受験シーズンになると合格祈願に訪れる受験生や家族が後を絶たないのだとか。

 

日本三大祭のひとつはここ!5,000発の花火は見もの

 

この場所で行われる最大のイベント、それが“天神祭”です。この天神祭は京都の祇園祭、東京の神田祭と並んで“日本三大祭”と呼ばれています。

最大の見どころはクライマックスの奉納花火。

5,000発もの花火が大阪の空を彩る光景はまさに圧巻です。毎年混雑が予想されていますが、ぜひ1度目の前で体験していただきたい光景のひとつです。

ちなみに、1発5,000円の協賛で大阪天満宮の境内に名前が挙げられ、記念品として花火玉のレプリカがプレゼントされるのだとか。値段としてはちょっと高めですが、花火玉のレプリカは激レアアイテムと言えるのではないでしょうか。

 

基本情報

・住所:大阪市北区天神橋2丁目1番8号

 

アクセス

電車

・地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」徒歩5分

・JR東西線「大阪天満宮駅」徒歩5分

 

周辺の駐車場情報

 

■アパホテルなんば心斎橋パーキング

基本情報

・住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目7-12

・営業時間:7:00~22:00 ※ご予約はご利用の24時間前までにお済ませください。

・駐車料金:【普通車(車高1550mm以下)】平日 当日最大料金1300円

土日祝 当日最大料金1500円

【ハイルーフ対応(車高2000mm以下)】平日 当日最大料金1500円

土日祝 当日最大料金1800円

 

 

■SC千日前パーキング

基本情報

・住所:大阪府大阪市中央区千日前1-9-11

・営業時間:8:00~24:00 ※ご予約はご利用の24時間前までにお済ませください。

・駐車料金:【平日】当日最大料金:1,350円

【土日祝】当日最大料金:2,000円

 

 

■トラストパーク大阪日興ビル

基本情報

・住所:大阪府大阪市中央区千日前1-9-11

・営業時間:8:00~24:00 ※ご予約はご利用の24時間前までにお済ませください。

・駐車料金:【平日】最大料金:1625円

【土日祝】最大料金:1875円

 

 

■ホテルエルセラーン大阪

基本情報

・住所:大阪府大阪市北区堂島1丁目5-25

・営業時間:7:00~23:00 ※ご予約はご利用の24時間前までにお済ませください。

・駐車料金:【全日】12時間最大料金:2750円

 

 

■トラストパーク京阪堂島ビル

基本情報

・住所:大阪府大阪市北区堂島2丁目1-31

・営業時間:0:00~23:00 ※ご予約はご利用の24時間前までにお済ませください。

・駐車料金:【全日】10時間最大料金:2750円

 

 

■なんばグランド花月ビル駐車場・トラストパーク

基本情報

・住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11-6

・営業時間:7:00~23:00 ※ご予約はご利用の24時間前までにお済ませください。

・駐車料金:【平日】当日最大料金1,600円

【土日祝】当日最大料金2,000円

 

 

■アムザ1000駐車場

基本情報

・住所:大阪府大阪市中央区千日前2丁目9-17千日前中央ビル1F

・営業時間:7:00~25:00 ※ご予約はご利用の3時間前までにお済ませください。

・駐車料金:【全日】時間貸し300円/30分

【平日】当日最大料金:1400円

【土日祝】当日最大料金:2000円

※予約料別途300円がかかります。

 

 

■トラストパークまいどパーキング難波千日前

基本情報

・住所:大阪府大阪市中央区難波千日前4丁目3

・営業時間:7:00~23:00 ※ご予約はご利用の24時間前までにお済ませください。

・駐車料金:【平日】1500円(1550mm以下)

【土日祝】2125円(1550mm以下)

 

 

■与力モータープール

基本情報

・住所:大阪府大阪市北区天神橋3丁目6-30

・営業時間:7:30~21:00 ※ご予約はご利用の3時間前までにお済ませください。

・駐車料金:【全日】時間貸し250円/30分

※別途予約料金300円がかかります。

 

 

まとめ

 

以上、4カ所の大阪の観光名所をご紹介させていただきました。「大阪と言えば」と質問すると色々なイメージが返ってきます。それはやはり、有名スポットであったり大阪の印象であったり、様々です。

ぜひ大阪におでかけしてそのイメージどおりなのか、全然違う印象を抱くのか体験してみてはいかがでしょうか。