5月5日はこどもの日。

端午の節句とも呼ばれ、こども達が無事に大きくなったことをお祝いする日です。

せっかくの休日、今年は柏餅を食べたりしょうぶ湯に入るだけでなく、こどもの日に由来するイベントにおでかけしてみてはいかがでしょうか。

今日の記事ではこどもの日と言えば鯉のぼり!ということで、都内で開催される予定の鯉のぼりイベントをご紹介します。

それぞれのイベントの見どころや周辺の駐車場情報も掲載していますので、こどもの日のおでかけの参考にしてみてくださいね。

 

2018年のGWは?休みは最大何日間?

 

 

こどもの日はおでかけ!という予定を立てる前に、今年のGWはいつなのか確認しておきましょう。

2018年のGWは、暦通りにいけば4月28日(土)~4月30日(月)の3日間と5月3日(木)~5月6日(日)の4日間です。

ただし、4月30日(月)の振り替え休日と5月3日(木)の憲法記念日に挟まれている5月1日(火)、5月2日(水)を休日にすれば、なんと9連休のGWに!

大型連休が今から楽しみです。

 

こどもの日には鯉のぼりイベントに出かけよう!

 

 

こどもの日は端午の節句とも呼ばれ、もともとは男の子の成長をお祝いする日でした。

しかし1948年に「こどもの日」と名付けられてから、男の子だけでなくこども達みんなをお祝いする日になりました。

 

近年では全国各地でこどもの日にちなんだイベントが開催されており、中でも鯉のぼりにちなんだイベントが話題です。

都内でも東京タワーや東京スカイツリーといった各施設が鯉のぼりイベントを開催し、毎年人気を博しているのを知っていましたか?

大空を泳ぐたくさん鯉のぼりは圧巻で、こどもだけでなく大人たちもその光景にくぎ付けになってしまうこと間違いなし!

鯉のぼりの数でこそ地方でのイベントには劣るものの、趣向を凝らした鯉のぼりイベントが多数開催されています。

今日は、都内で開催予定の鯉のぼりイベントを紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

東京タワー 333匹の「鯉のぼり」と巨大「さんまのぼり」

 

 

どんなイベント?

東京タワーの春の風物詩となっている鯉のぼりイベントです。

高さ333メートルの東京タワーにちなんで、333匹の鯉のぼりが空にたなびきます。

また、東北の復興にちなんで、岩手県大船渡市の名産であるさんまをモチーフにした「さんまのぼり」がいるのもこのイベントの特徴。

 

真っ赤な東京タワーのふもとに333匹の鯉のぼりと一匹のさんまのぼりがたなびくさまはまさに圧巻です。

 

おすすめポイント:ライトアップがとにかくきれい!

昼間の東京タワーと鯉のぼりも素敵ですが、17時半以降に訪れれば、東京タワーと鯉のぼりの美しいライトアップが楽しめます。

ライトアップされる鯉のぼりとは、まさに都会の鯉のぼりという感じがしますね。

ライトアップの時間帯なら、お子様連れだけでなくデートでも盛り上がること間違いなし!

 

 

イベント詳細

 

 

 

・日時:4月上旬~5月上旬(2017年は4月5日~2017年5月7日)

・開催場所:東京タワー

・アクセス

 大江戸線「赤羽橋」駅 徒歩5分

 日比谷線「神谷町」駅 徒歩7分

 JR「浜松町」駅 徒歩15分

 都営三田線「御成門」駅 徒歩6分

・料金:無料

・公式サイト:https://www.tokyotower.co.jp/

 

 

東京タワー周辺の駐車場

 

【東京タワーまで徒歩約15分】トラストパーク浜松町スクエア

 

 

・住所

〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目30-5

・営業時間

08:00~22:00

・駐車料金

【平日】最大料金:3,000円(8:00~22:00)

【土】最大料金:3,000円(8:00~20:00)

【日祝】最大料金:1,900円(8:00~20:00)

 

東京スカイツリー こいのぼりフェスタ

 

 

どんなイベント?

東京スカイツリータウンで毎年開催されている「こいのぼりフェスタ」。

こちらも東京タワーと同じく、スカイツリーの634メートルという高さにちなんで634匹の鯉のぼりが展示されています。

写真を見てもわかる通り、白い東京スカイツリーに色とりどりの鯉のぼりがとてもマッチしています。

 

おすすめポイント:鯉のぼりを見たついでにお買い物も楽しめる♪

スカイツリータウンにあるのはスカイツリーだけではありません。

ショッピング、グルメが楽しめるソラマチや、プラネタリウム「天空」、すみだ水族館など家族でもデートでももちろん友人同士でも楽しめる施設が充実しています。

1日いても飽きることはなさそうです。GWのお出かけ先にはぴったりですね!

 

イベント詳細

 

 

 

・日時:4月25日(水)~5月20日(日)

・開催場所:東京スカイツリータウン(R) 4階 スカイアリーナ ほか

・アクセス:

 東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」正面口より徒歩4分

 都営浅草線、京成線、東京メトロ半蔵門線「押上駅」より徒歩3分
・料金:無料

・公式サイト:http://www.tokyo-skytreetown.jp/

 

 

 

東京ミッドタウン ミッドパークギャラリー こいのぼりコレクション

 

出展:http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/openthepark/koinobori.html

 

どんなイベント?

東京ミッドタウンのミッドパークガーデンで開かれるこいのぼりコレクション。

このこいのぼりコレクションの特徴は、展示されているこいのぼりが「デザイン鯉のぼり」だという点です。著名なデザイナーがこのイベントのためにデザインした約100体の鯉のぼりが六本木の空を泳ぎます。

独創的な色、柄の鯉のぼりは大人でも楽しめること間違いなし!

 

おすすめポイント①:鯉のぼりくぐりができる!

このイベントの目玉は「鯉のぼりくぐり」です!

こどもの日の前後5日間のみ、長さ25メートル、直径2.5メートルの巨大な鯉のぼりの中に入ってみることができます。

もちろんお子様だけでなく大人でもくぐることができますよ♪

 

おすすめポイント②:アートこいのぼりが作れる!

2018年のイベントでは、新たにアートこいのぼりを作れるワークショップが開催されます。

真っ白な鯉のぼりに絵を描いて、世界で一つだけの鯉のぼりを作ってみませんか?

5月4日(金・祝)、5月5日(土・祝)のみの開催なので、参加を希望される方はぜひ足を運んでみてくださいね。

予約などはできず、整理券配布制となっています。

 

イベント詳細

 

 

 

・日時:

 【こいのぼりコレクション】4月20日(金)~5月6日(日)

 【こいのぼりくぐり】5月3日(木・祝)~5月6日(日) 11:00~17:00

 【アートこいのぼりを作ろう】 5月4日(金・祝)、5月5日(土・祝) 11:00~17:00

・開催場所:ミッドタウン・ガーデン、プラザ1F

・アクセス:

 都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結

 東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結

 東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分

・料金:【アートこいのぼりをつくろう】 大人:¥1,000(税込) / 子供:¥700(税込) その他は無料

・公式サイト:http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/3958/

 

 

東京ミッドタウン周辺の予約できる駐車場

 

【東京ミッドタウンまで徒歩約18分】オリックス赤坂2丁目ビル駐車場

 

 

・住所

〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目9-11赤坂2丁目ビル

・営業時間

08:00~22:00

・駐車料金

【平日】当日最大料金:2,000円

※予約時に予約料金が別途500円掛かります。(事前決済)

※駐車料金は現地にてお支払い頂きます。

 

 

長房ふれあい端午まつり

 

 

どんなイベント?

長房ふれあい端午まつりは、八王子駅からバスで行った場所にある長房市民センターで行われる鯉のぼりイベントです。
約1,000匹のこいのぼりが南浅川の大空を泳ぎ回ります。
お祭りは5月4日(金)、5月5日(土)のみの開催ですが、鯉のぼりは4月下旬から展示されています。

 

おすすめポイント:お祭り開催期間は屋台などで盛り上がる!

こいのぼりは4月下旬から展示されていますが、やはり見どころは5月4日(金)、5月5日(土)に開催される長房ふれあい端午まつりです。
お祭り当日には地元住民によるたくさんの屋台が出店されるほか、市民センターではよろいを付けて記念写真が撮影できる特設コーナーや、子供向けの体験教室も開催されます。
お子様を連れて訪れるにはぴったりのイベントです!

 

イベント詳細
・日時
 平成30年5月4日(金・祝)から平成30年5月5日(土・祝)まで
・場所:南浅川・長房市民センター前
・住所
 〒193-0824 東京都八王子市長房町506-2
・アクセス:
 京王八王子駅・JR八王子駅北口から長房団地(並木町経由)行バス→「横山橋」から徒歩8分
 京王八王子駅・JR八王子駅北口から館ヶ丘団地・八王子医療センター行バス→「高尾警察署前」から徒歩5分
 高尾駅南口から京王八王子駅行バス→「高尾警察署前」から徒歩5分
・料金:無料
・公式サイト:http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/001/p003257.html

 


 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

こどもの日は子供の成長を祝う日。大空に泳ぐ鯉のぼりたちを見に、ぜひご家族でおでかけしてみてくださいね。

こどもだけでなく大人も楽しめるイベントとなっていますので、デートや友達同士のGWのおでかけにもおすすめですよ♪

駐車場情報とあわせて参考にしていただければ幸いです。