車検が間近な人もそうでない人も!車検はEPARK車検で!

 

そもそも車検って何?

 

 

お車をお持ちの方はどこかで一度は「車検」という言葉をお聞きになったことがあるかと思います。それもそのはず。日本で車を所有している場合、必ず車検を受けなければならないと法律で定められており、車をお持ちの方は定期的に車検を受けています。
ではそもそも車検とは何なのでしょうか?
車検とは正式名称「自動車継続検査」と言い、簡単に言えば国の定める基準(保安基準)に対して所持している車がその基準を満たしているかどうかを検査しているのです。いわば自動車の健康診断のようなものです。
では具体的な車検についてのお話をしていきましょう。

 

車検はいつ受けるの?

 

私たちが実際に受ける身体の健康診断は、病院に行けばいつでも受診可能です。しかし車の健康診断である車検はいつ受けてもいいわけではありません。車検には受ける時期・タイミング というものが決められています。
車には「車検満了日」というものがあり、その車検満了日の1ヶ月前から車検を受けることが可能となります。
例えば新車を購入した場合車検満了日は購入してから3年と決められており、3年後に車検を受けることになります(※軽トラックや軽ボンネットバンは新車でも新車購入時から2年後が初回車検となります)。そしてその後は2年サイクルで車検満了日が更新され、そのたびに車検を受けるようになっています。
ではあなたが所有している車の車検はいつでしょうか?
もしかするとそれほど頻繁ではない分「車検っていつだっけ?」と思う方も多いかもしれません。そんなときはお車のフロントガラスのステッカー をチェックするといいでしょう。
ステッカーには車検満了の年と月が記載されています。しかしながらステッカーには車検満了の日の情報がありませんので、詳しい車検満了日はお持ちの車検証 で確認ができます。
お車のステッカーおよび車検証で車検満了日が確認できることさえ覚えておけば、車検の時期・タイミングを計ることができますね。
ちなみに車検を受けず、車検満了日を過ぎたまま公道を走ってしまうと、違反となり減点や罰金の対象となってしまいます。車検切れの自動車で事故を起こした場合には、違反や罰金では済まなくなる可能性もありますので車検を受ける時期・タイミングには注意しましょう!

 

車検に必要なものって何があるの?

 

車検を受ける際、必要なものがいくつかあります。
もしあなたの車検が近づいてきたのなら、以下のものを用意しておくとスムーズに車検が受けられます。


・自動車検査証(車検証)
上記「車検はいつ受けるの?」の項目でも少し触れましたが、車検証(正式名称「自動車検査証」)には車検満了日以外にも車両番号(ナンバープレート)、自動車の種別、車名、乗車定員、車両重量、所有者の情報(氏名・住所)、使用者の情報(氏名・住所)など、車と所有者、使用者の情報が詳細に記載されています。


・自動車納税証明書
自動車を所有している人は、1年に1回、車の排気量によって税金を納めなければなりません。
毎年4月1日現在に自動車を所有している場合には、5月頃にこの証明書が届きますので税金を納めることになります。
車検を受ける際に「税金をしっかりと納めました」というこの証明が必要なので、忘れずに税金を納めておくようにしましょう。


・自賠責保険証明書
自動車を所有している場合には、万が一のために保険の加入が義務づけられています。
自動車保険には、自賠責保険という「強制保険」と任意で加入する「任意保険」があります。車検の時に必要な証明書は強制保険の部分である自賠責保険証明書の方です。

 

車検はどこで受けるの?

 

 

車検を受ける時期・タイミング、車検に必要なもの、それらを把握すれば車検を受ける準備はバッチリです。「それなら実際に車検を申し込もう」と思ったあなた!車検はどこに申し込むかご存知ですか?
よく思い浮かべるのは実際にお車を購入したディーラーではないでしょうか?
もちろんディーラーでも車検を受けることは可能ですが、車検を受けられる場所はディーラー以外にもさまざまあるのです。
・ディーラー
・自動車整備工場
・車検専門店
・カー用品店
・ガソリンスタンド
ディーラー以外にもこんなにたくさんの業者で車検を受けることが可能です。その中でもカー用品店やガソリンスタンドなどでも受けられることをご存知の方は多くないかもしれません。またご存知の方でも品質が心配な方もいらっしゃるかもしれません。ですがそんなことはありません!
カー用品店やガソリンスタンドも国から認可を受けた指定工場と認証工場を持つ店舗 国家資格整備士 と呼ばれる車検のプロが在籍する店舗も多くあり、ディーラー、整備工場などでも品質の変わらない車検を受けることが可能 です。

 

業者ごとの車検費用の内訳は?

 

どこで受けても品質は同じなら車検費用も同じなの?と思われるかもしれません。ですが車検費用は受ける店舗ごとに特色があります。車検費用は車検を受ける際、とても大事な基準になりますよね。そんな車検費用の内訳と特色をここではご説明します。
まず車検費用を構成するのは「法定費用」と「車検基本料」と呼ばれる費用です。「法定費用」は重量税、自賠責保険料、印紙代という項目に分けられ、車の種類に応じた金額を国や保険会社に支払うことになっており、どこの業者で受けても法定費用は変わりません。
一方「車検基本料」は24ヶ月点検整備、検査代、代行手数料などに分けられ、こちらは車検を受ける業者によって変動のある費用になります。
一般的な相場でディーラーは約4~10万円、車検専門店や整備工場2万5千~8万円程、カー用品店やガソリンスタンドで車検を受ければ約2~7万円と数万円の差があります。これはひとえに車検基本料や追加された交換部品の差です。
車検を受けることは大きな出費に違いありませんので、点検・整備や交換部品と費用の間で迷う場合はすぐ車検店舗に予約するのではなく、お見積りを取ることをおすすめします!

 

EPARK車検で予約・お見積りを取ろう!

 

さてここまで車検について、車検の準備、車検費用についてお話してきました。
その中でガソリンスタンドについての車検もお話しましたが、「EPARK車検」というサイトをご存知ですか?EPARK車検 は全国にある車検が受けれるガソリンスタンド、整備工場、カー用品店を掲載しているサイト で、店舗検索はもちろん車種による車検概算費用も一目でわかるようになっていますので複数店舗の比較も可能です!簡単なステップで車検予約だけでなくお見積もりも取ることができますので、お気軽に車検費用の検討が可能です。
またEPARK車検に掲載されている店舗は「国家資格整備士が常駐」、ディーラーや整備工場と同じく「法定24ヶ月点検付き」の店舗のみを掲載しております。安心した品質の車検が保証 され、さらに車検基本料が通常価格より割引されている店舗ばかりですので、賢く、そしてお安い車検を受けられます!
お車の車検が近づいているあなた、この機会にEPARK車検での車検予約&お見積りをご検討ください!

 

「EPARK車検」はこちらから♪

キャンペーンも実施中!詳細はこちらから♪